Image of SR5 Rock Bass

SR5 Rock Bass

[生産終了] 究極のリアルタイム操作性・柔軟性とリアルなサウンド 約15GB、14,000サンプルを含むヴァーチャルMusicMan® StingRay®5
→ 新しいバージョン、SR5 Rock Bass 2 のページに移動

Package of SR5 Rock Bass

主な機能

  • 究極のリアルタイム操作性・柔軟性 - SR5 SPM (Super Performance Multi) 

    SR5 SPM (Super Performance Multi)インストゥルメントはリアルタイム演奏時にいまだかつて無い素晴らしいリアルなギターサウンドを提供します。SCやLPCで使用されているSPMをさらにに進化させた次世代SR5 SPMはさらなるリアルタイム操作性、柔軟性、拡張性を備えています。ベーシストが行う様々な奏法(以下参照)に、演奏をストップすること無く瞬時にアクセスすることが可能です。

    リアルタイム・レガート・スライド
    リアルタイム・ハンマリング&プリング
    リアルタイム・トリル
    リアルタイム。ピッキング・トレモロ
    ミュートおよびピッキングノイズ
    グリス・ダウン
    ナチュラル・ハーモニクス
    フレット・ノイズ
    タッピング・ノイズ
    ピック・ストップ・ノイズ
    ブリッジ・ミュート・ノイズ
    リリース・ノイズ
    特殊 効果音、その他様々なノイズ

  • フレットボード・モニター 

    SR5 SPM使用時、インストゥルメントは状況に応じて最適な弦およびフレット・ポジションを自動的に選択し、フレットボード・モニターに表示します。弦はキー・スイッチを使用してマニュアルでも選択が可能です。

  • ストローク自動検出機能 (Auto Stroke Detection ) 

    テンポおよび現在の拍子位置を自動的に検出し、自動的に最適なストローク方向(ダウン・ストロークまたはアップ・ストローク)を決定します。また、強制オルタネート、強制ダウン・ストローク、強制アップ・ストロークなどのモードも選択可能です。MIDIコントロールチェンジによりモードを曲の途中で変更することも可能です。)

  • アサイナブル・キー・スイッチ 

    すべてのインストゥルメントはユーザーが任意のキー・スイッチをアサインすることが可能です。頻繁に使用する奏法を一番押しやすいキーに割り当てるなど、様々な状況に合わせた最適なセッティングを作ることができます。SPMのカスタマイズは自由です。好きなインストゥルメントを組み合わせ、それぞれに任意のキースイッチをアサインし、独自のSPMのセッティングを構築することができます。

  • B - D# の低音も収録 

    近年のロックでは、最低音がEのスタンダードチューニングではなくドロップDやドロップCなどのドロップ・チューニング(ダウン・チューニング)を使用し、より低く重い音が出される傾向にあります。SR5はMusicMan® StingRay®5をサンプリングしており、通常(4弦ベースの)のEよりさらに低いBまで収録しているので、あらゆる近年のメタルやロックなど、さまざまな音楽ジャンルに対応可能です。

  • リアルタイム・レガートスライド 

    実際のベース・ギターで演奏されたレガートスライドが録音された本物のレガートスライド・サンプルを使用したリアルタイム・レガートスライドにより、他社製品に見られるピッチ変換(ポルタメント)による擬似レガートスライドでは到底実現出来ないリアルなレガートスライドをリアルタイム演奏で行うことができます。

    フレット上を指が移動し、弦をこすりながら音程が変化するギター独特のサウンドを忠実に再現します。

  • ベース・ギターからダイレクトにレコーディングされたクリーンサウンド 

    お好みのアンプシミュレータを通して好みのサウンドを作り様々な音楽ジャンルへの対応、幅広い音作りが可能

  • ピッキングノイズも複数のフォームで全ての弦、全てのフレットを収録 

    リアルなギタートラックを作る上で、ピッキングノイズをはじめとするさまざまなノイズは非常に重要な役割を果たします。一般的なギターライブラリにおいて、ピッキングノイズは非常に少ない収録数なので、ピッキングノイズをギターパートに加える時に本来のポジションをは違うピッキングノイズ使用しなければならず、そのためサスティンのサウンドとピッキングノイズの音の間に違和感が生じるという問題がありました。様々な抑え方のピッキングノイズを全てのポジションで収録しているこのライブラリでは、サスティンのサウンドとピッキングノイズの間における違和感の無い、リアルなギタートラックの作成を実現します。正しいポジションのピッキングノイズを正しいタイミングで入れる事が、シーケンサー上でリアルなギタートラックを作る重要な鍵となります。