NEWS

新デモ動画「The Gate」SC Electric Guitar 2 & SR5 Rock Bass 2 デモ

SC Electric Guitar 2SR5 Rock Bass 2の新しいデモ動画を公開しました

第一弾ビデオの「SC Electric Guitar 2 Introduction」の中に曲の一部が登場する曲「The Gate」の単体バージョンです。

この曲で使用されているすべてのギターサウンドはSC2内蔵のアンプシミュレータおよびエフェクトによって作られています。様々なリアルな演奏表現とともに強力な内蔵アンプシミュレータ/エフェクト機能による多彩なギターサウンドをお聴きください。

ベースに関しても、デモで使用されている音は SR5 Rock Bass 2 の内蔵アンプシミュレータおよびエフェクトで完結した状態で鳴らしています。

以下、曲解説です。
———————————————————–
何もわざわざストラトでやらなくてもいいだろう、という気もする曲ですが、内蔵アンプ&エフェクトで非常に多彩な音作りが可能ですので、こんな感じのことも一応できますよ、という例です。内蔵のRotatorのエフェクトが結構いい感じで効くのでそれを使いたかったのと、FX(特殊奏法や効果音的な奏法)をここで何発か撃っておきたかった、という流れで作った曲です。後半のリードギターではFXを積極的に絡めてワイルドかつトリッキーなフレーズを組んでみました。製品には様々なFXが含まれていますが。FXは飛び道具的に使えるワンショットの効果音としてだけではなく、フレーズからフレーズに移行する際に「鳴ってしまう」または「意図的に鳴らす」ノイズとしも使えるものも結構あります。FXだけではなく、すべてのサンプルは自由な発想で結果オーライで自由に鳴らしてもらえればいいかと思います。

レガートスライドを伴うオクターブ奏法もProminy製品の得意とするところです。オクターブ奏法に関しては、通常サスティンはもろちん、レガートスライドも実際にオクターブで弾いてスライドしたものをレコーディングしていて、すべて「本物の音」が鳴るようになっています。Prominy製品のオクターブ奏法はこの曲のようにメロディやリフ、カッティングなどジャンルを問わず幅広い用途でしかもレガートスライド付で鳴らせるとても使い勝手の良い奏法です。ちなみにSC2のピックアップは全パートブリッジです。

ベースのSR5-2に関しては、内蔵エフェクトのオーバードライブをONにし、音が丸くならないよう全体的にローポジションで鳴らしてゴリゴリ感を強調する使い方をしています。この曲でもしっかり曲のボトムをステルスで支えるだけでなく、ギターの音に埋もれることなく「ちゃんと聴こえるベース」としてこの曲での役割をしっかり果たしてくれています。

大川晃史(AKIHITO OKAWA)
———————————————————–

この曲のオーディオのみはこちら

このMIDIファイルおよび内蔵アンプ&エフェクトのプリセットは「登録済み製品」のページで公開予定です。

Categories

Resent Posts