NEWS

「打ち込みスキル」とは

日本屈指のキーボーディスト、石黒彰さんの曲でProminyのV-METALとSR5 Rock Bass 2を使っていただきました
https://www.facebook.com/prominy.japan/posts/10159936740262565

大川です。上の投稿の続きです。
説得力があるフレーズを作成できるのはその楽器の「らしさ」とは何かを熟知しているからですね。それをある程度知っていればギターのフレーズを打ち込みで作る時に何を行うべきかが明確になります。楽器の「らしさ」とは例えばその楽器特有の奏法はもちろんの事、間の取り方、その楽器の物理的構造に起因する音の配列・組み合わせなどがありますが、他パートと効果的に絡むことができる音域でその曲に合ったフレーズを組み立てるといったアレンジや作曲のスキルも「らしさ」を表現するために必要です。総合すると結局は、

打ち込みスキル=音楽力

です。今回の石黒彰さんの曲はこれを見事に体現していますね。このことは数年前に東京で行ったセミナーでも言いましたが、色々な良い音楽をたくさんい聴いて、ライブビデオなどで演奏を観て、自分で弾けなくてもいいので「演奏者のイメージ」を蓄積することに大きな意味があります。さらにできればちょっと触るだけでもいいのでその楽器を実際に触ってみましょう。友達からあまり使っていないギターがあればそれを借りたり、もし借りる相手がいなければリサイクルショップ等で売っている安価なものでも十分です。繰り返しますが、弾けなくてもいいです。音を鳴らした時の弦の振動やピッキング時の弦の引っ掛かりなど、その楽器に対して起こしたアクションに対して返ってきた反応を実際に体感したことがある、ということがクオリティの高い打ち込みを行う上で非常に重要です。みんなで音楽力をどんどん上げていきましょう! – 大川 晃史 (AKIHITO OKAWA)

以下、石黒彰さん関連のウェブサイト/SNSのリンクです

石黒彰 ウェブサイト
ライブ/コンサート出演スケジュール
twitter
facebook

Categories

Resent Posts